ダミーメイン

2021-11-26

定住財団サイトリニューアル!!

サイトの新着情報でもお知らせさせていただきましたとおり、

11/25(木)の夕方から、定住財団の各サイト(ホームページ(本サイト)、くらしまねっと、ジョブカフェしまねサイト)について、全面リニューアルしてオープンいたしました!

 

より皆様に使いやすいサイトを目指して、デザインの大幅な変更を行っております。

また、特にくらしまねっと・ジョブカフェしまねは移住や求人・就活に関して、企業や市町村とWEB上でより出会い、コミュニケーションが取れるよう機能強化を図りました。

 

情報入手の手段も、これまで郵送やメルマガでしたが、LINEで受けることができるような改修も行いましたので、より気軽に情報の入手が可能です。

 

そして、くらしまねっと・ジョブカフェしまねサイトの登録についても、新たに「しまね登録」として、ご登録いただくと(すでにサイト登録されている方は、追加情報を入れることで)皆さんのステージ(学生→社会人(県外へもしくは県内へ))に合わせたサービスが受けられるように、属性に合わせたサービス表示ができるようにしております。

 

ぜひ新しくなった各サイトをご覧ください。

 

今年度は先行してリニューアルした、地域活動支援課のサイト「しまっち」も合わせると、定住財団の各事業サイトが刷新できたことになります。

 

WEBでの情報収集やコミュニケーションの重要性が増す昨今、リニューアルしたこれらサイトが、皆様の島根への繋がりに益々寄与できたらと願っております!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

(つかさ)


2021-11-22

言葉遊びの妙…

 

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した吉田兼好が著した名高い随筆「徒然草」のなかの第六十二段にこういうエッセイが記載されています。

 

【原文】『延政門院 いときなくおはしましける時 院へ参る人に 御言つてとて申させ給ひける御歌 「ふたつ文字 牛の角(つの)文字 直(すぐ)な文字 歪み文字とぞ 君は覚ゆる」 恋しく思い参らせ給ふとなり』

一読すると「何のこっちゃ…」と思ってしまいますが、これを訳してみます…

 

【現代語訳】『延政門院(出家した後嵯峨天皇の皇女 悦子内親王)が、幼少の折に、院(御所)へ参内する人に言伝を頼んでお詠みになった歌 「ふたつ文字 牛の角(つの)文字 直(すぐ)な文字 歪み文字とぞ 君は覚ゆる」 後嵯峨天皇のことを恋しく思っていらっしゃる気持ちが詠まれている』

という内容になります。悦子内親王が詠まれた歌は「言葉遊びのパズル」になっていることにお気付きでしょうか!

 

ここにある「ふたつ文字」とはひらがなの「こ」、「牛の角文字」は「い」、「直な文字」は「し」、「歪み文字」は「く」を表しているのです。これを続けて読むと「こいしく(恋しく)」となる訳なのです。

ですから、「あなたのことを恋しく思っております」となるのです。

 

この表現が発達して、江戸時代になるとこんな狂歌が生まれてきます。

「ふたつ文字 牛の角文字 ふたつ文字 歪み文字にて 飲むべかりけり」⇒こいこく(鯉濃)を肴にして酒を飲もう!…ということのようで、粋な言葉遊びだとは思いませんか。

 

では、ここで当時のお江戸クイズを一つ…

「昔からいろいろな願い事をきいてくださる神様がおいででございやすが、さて「亀」が神様になるって~と「男神」になるのか「女神」になるのかお分かりか~い!」

 

秋の夜長、頭を捻ってみてください♪!…

(Friday)


2021-11-18

山の仕事

 

県外から移住して、未経験の林業で産業体験をしている方の現場に伺った。

(ひゃー!こんな山奥の現場まで、細い急な山道を運転して行くの?)

(わお!この急斜面で一日中、作業するとか!きつそう~)

(なんと・・・蜂だけじゃなくてダニにも噛まれたのですか・・・)

現場に向かいながら、そして話を聴きながら、多くの驚きがあった。

 

ご本人と話すと

慣れない地下足袋での山作業で足全体が靴擦れになった話や

虫、暑さ寒さとの闘いなどなど、いろいろと大変そうなのだが

事も無げに(むしろ楽しそうに)話される姿が印象的だった。

 

初めての事ばかりで、しんどい気持ちより、何もかもが新鮮な驚きなのだそう。

何よりも、班長さんはじめ周りの方が気遣ってくれるのが嬉しいと言われ

こちらも嬉しくなった。

大変さも魅力も多い、そんな山の仕事をチームワークで頑張ってほしい。

(築)


2021-11-17

焚き火


先日、生まれて初めて焚き火をしました。 (厳密に言うと、焚き火をしようとしている人を見つめていました)

というのも、11月27日に開催するオンラインイベントで放映する映像を 事前収録しており、そこで焚き火をしました。

焚き火未経験の私は、この日をワクワクしながら楽しみにしておりました、が、天候は、 あいにくの雨模様。。。 祈りながら収録に挑み、祈りが通じたのか、焚き火のパートを収録するときには、 無事、雨は止み暗くなり、ついでに震えが止まらないほど気温も下がり、絶好の焚き火日和(?)となりました。

ファイヤースターターという器具を使用し火花を起こし、麻ひもをほぐしたものに火をつけ、 そこへ小枝をくべ、少しずつ大きな薪をくべ、火を大きくしていきます。 裏で、ファイヤースターターを使わせてもらいましたが、不器用な私は、火の粉が全く出ず、かなり苦戦し、私は一人で焚き火はできない、と悟りました。(諦めました)

無事に焚き火が出来た時のテンションの上がり方は半端なく、収録中だったので、グッと飲み込みましたが、 収録がなければ、「ついたーーー!」と叫んでいたことでしょう。(自分が付けたわけでもないのに。。。)

収録後は、遅くなってしまったので早々に解散となってしまいましたが、もう少し早い時間であれば、みんなで火を囲みながら、焚き火で沸かしたお湯であったかいお茶を作り、飲みながらお話ししたい気持ちになりました。火は、ヒトを高揚させますね。

火をつける、という、ライターでは1秒で出来ることも、なかなかスムーズにいかないけど、その不便さも楽しいな、とアウトドアにハマる方々の気持ちがわかりました。 冬は、焚き火も楽しめるし、空気も澄んでいて、星空がとても綺麗なので、冬のキャンプにハマる方も多いそうです。1度やってみたい。

そんなこんなで、震えながら収録した映像が見れるのは、下記のイベントです!(宣伝) もしよかったら、ご参加してみてください!

★11月27日開催 オンラインイベント『しまねでゆるキャンプvol.2 ~自然で楽しむ焚き火とシシ肉~』

https://www.kurashimanet.jp/event/detail/1095/

※申込締切は、11月19日(金)12時までです!

(しじみ)

2021-11-15

人の印象は変わる

 

私は、ご飯屋さんに行って、食べたものがとても満足度の高いもので、また別の機会で行っても満足度が高かったりすると、「この店は間違いない!」と思うようになるのですが、

そうなるとその後そのお店で何を食べても、美味しいと思っている気がします。

 

何か経験をしたとき、その経験を基に先に判断することが、経験を大事にするあまりに、もしくは判断を早くするために、知らぬ間に増えていってるように感じます。

しかし、一方で経験でざっと判断することで、実は勿体ないことになっていることもあるのではと思うのです。

 

例えば、私の場合「この店は間違いない!」と思い込んでしまうと、グルメじゃない私は味が変わってもしばらく気が付かないと思います。

そして、例え気が付いても、「自分の感覚が変?」等の別の理由を考えてしまうかもしれません。

他の人に「美味しくない」と言われると、そんな馬鹿なと思うかもしれません。

実は別のお店に行った方が新しい発見があったのかもしれません。

 

最近、こういうことが人に対してもそうだなと思うことが増えました。

主に、過去に嫌なことがあったりマイナスのイメージを抱いている相手に対してなのですが、「あの人は嫌だ。サイテーだ。」と感じてしまうと、その経験を基に何をされても一度決まった相手の印象はそう簡単には変わりませんでした。

色々と経験を経るごとにそれは顕著になっているような気もします。

 

しかし、実はそういう生き方は損をしているとも感じます。

相手のほんの一部を切り取って、そう感じてしまって距離を置いたことで、自分の人生に重要な可能性がなくなってしまったかもしれません。

見えなかった相手が持つ背景には気が付けなかった共感がたくさん潜んでいるのかもしれません。

必要と思っていた経験を活かすも、こだわると大事なことに気が付けないのかもしれません。

 

経験が弊害になりそうだなと感じたときから、自分が決めた印象を毎回リセットして、今現在の感覚で改めて感じ、新しく評価する癖をつける必要があるなと思うのですが、

やってみて、これは何と難しいことか。

何かの本で『経験を経て、次にやることは不要なものをそぎ落としてシンプルにすること』という記事を読んだことがあります。さもありなん。

これからはこのリセット力をテーマとしてやっていこうかなと思います。

(つ)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630